AHA-ACLSコース

事前学習のご案内

 当会のAHA-ACLS1日コースは、事前学習を受講参加条件としています。下記に理由を示します。

 

1.効率的に進行し、学びを最大限にするため。

2.学習者の入り口を揃えるため。

3.主にシミュレーションをメインに進行するため。

 

事前学習の主な内容:Ⅰ・Ⅱは必須

Ⅰ:受講者用webサイトにより受講前自己評価を行う。

(もしくは、受講前自己評価をダウンロードして受講前自己評価を行う。)

 

Ⅱ:当会のオリジナル事前課題を行う。

 ACLSプロバイダーマニュアルを効率的に学ぶための事前学習タスクになります。

 簡単な事前eラーニングを準備しています。

 *必ずⅠが終了後にⅡを実践ください。

 

*受講確定した際は、早めにテキストをご準備ください。コースにはテキスト持参は必須です。事前学習にも必須です。

 


Ⅰ:受講者用webサイトにより受講前自己評価を行う

もしくは、受講前自己評価をダウンロードして受講前自己評価を行う

ACLSにおける知識(言語情報)を学習します。70%以上の正答率が求められます。間違った部分、もしくは不明確な部分はテキストを通して再確認しておいてください。最大限の学びのためにも上記が示されてあります。(2016年6月発表最新のACLSインストラクター向けオリエンテーションより)プレ試験での70%以上正答率は基本的なベースとしての参加が望ましいとあります。

受講前自己評価開始はこちらから

事前学習サイトクリックすると左の画面に進みます。そこで[ Enter code from manual ]にACLSプロバイダーマニュアル(AHAガイドライン2015準拠)日本語版ⅱページ下部記載のコードを入力致します。目次の前のページ下部です。

アクセス後に表示される①「受講前準備チェックリスト」、自己評価終了後に表示される②「受講前自己評価証明書」を印刷し、コース当日に必ずご持参ください。

インターネットに繋いでパソコン等での事前学習となります。

 

submitをクリック後、ACLSの「受講者用webサイト」に進みます。そこでは60問の問題に加え、4種類のビデオが視聴でき、また「ACLS materials(器具)英語版」「受講前準備チェックリスト」等もダウンロードができます。

「受講前準備チェックリスト」は印刷して、「□ACLS 受講前自己評価」はチェックが埋まるように事前問題をお願いいたします。

コース前に実践する事:

●受講前自己評価 事前問題を実践する。

  内容:

  心電図判読20問、薬物20問、臨床的応用20問

  *解答後に合計スコアと各分野のスコアが集計されます。苦手な分野、スコアが低い分野を重点的にテキストで振り返る事が必要です。70点以上の合計スコアの画面を印刷して持参ください。

 

●ビデオ4つを視聴する。*特に4つのビデオを視聴後に、当会の事前学習ページにおいてタスクを用意しています。


Ⅱ:オリジナル事前学習ページ

AHA事前学習サイトにはない、主に本コースでのシミュレーションを見据えた内容の課題です。テキストを読みながら取り組んでください。

 当会のACLSコースは、お申し込みにてご予約。そして受講料金振り込み後に受講確定となります。その際に、事前課題ページのパスワードをメールします。そのページでの課題に取り組んでください。ACLSプロバイダーテキストを効率よく学習するためや、当日は実技メインで進行するためでもあり1日コースで、効率よく・最大限の学びを期待するためにあります。

 当会オリジナルACLS事前課題はコチラ➡ACLS事前課題(パスワード制限あります)。またHOME画面左にあるBOXからもリンクしていますのでジャンプ可能です。

 

 ACLSプロバイダーテキスト用いて、事前タスクを実践し、送信ボタンを押すと、当会事務局に内容が送信されます。そこで学習者の履修確認となります。内容によっては、相互コメントをさせて頂きます。

受講確定後に個別にパスワードを報告致します。


ACLSの魅力を効率よく学ぶ

 学習者の入り口を揃える事で、少人数制でより相互ディスカッションできるクラスを目指しています。あなたの現場で使えるための基礎や応用についてディスカッションできればとも考えています。

 ACLSコースの魅力を最大限に収穫するためにも、事前学習に取り組んでご参加ください。

ご不明な点は➡コチラからお問いあわせください。

 


©2015-2017.CPRくるめ