G2015暫定版BLSforヘルスケアプロバイダーコースの開催ありません。

最新BLSプロバイダーコースへ移行しています。

名称も変わりました。


最新のAHA-BLSコース開催はコチラ⇒クリック

市民の方から医療者まで、蘇生が求められるプロの方向け

AHA-BLS

for-ヘルスケアプロバイダー

AHAガイドライン2015暫定版

日本語版テキストのリリースまでの開催

刷新された最新のAHA-BLS認定証
刷新された最新のAHA-BLS認定証

CPR-netくるめ主催 AHA-BLSヘルスケアプロバイダーコース暫定版 特徴

1.G2010の進行でG2015補助資料を併用した暫定版コース 

 *CPR-netくるめ オリジナル(AHA非公式)事前学習資料をさしあげます。


2.受講後、認定証期限内は無料にて見学参加可能です。特にお勧めいたします。

 (開催状況はHPをご確認ください)

 

3.少人数制 最大4名までマネキン1体に受講生1名~2名 受講生に合わせた指導。

 *1名様でも開催。アシスタントと2人法は実践いただけます。

 

4.予約・出張対応可能2名、4名様。ご希望の日時でコース開催 )まずはmailください。

  職場同僚・ご友人とのご参加も検討いただけます。

AHA-BLSforヘルスケアプロバイダーコース ガイドライン2015暫定版

AHA-BLSコース G2015暫定版コース 

日時:予約対応のみ 2~4名様のみ対応

受講料金:13000円ピンバッジなし

場所:福岡県久留米市内会場 開催決定後連絡致します。 


AHA-BLS(BasicLifeSupport)詳細

 数ある心肺蘇生講習会の中で最高峰と評価が高い、プロフェッショナルのための本格的な一次救命処置プログラムになります。日本国内では、地域の消防や赤十字、また民間団体が主催する心肺蘇生講習会などは、「市民救助者」むけの心肺蘇生の講習会となります。それに対して本コースは、医師や歯科医師、看護師、救急救命士などの医療従事者や人々の健康維持に関わるプロとして活動する人たち(ヘルスケアプロバイダー)向けの心肺蘇生講習になります。コース内容としても、全年齢(Adult;成人、Childこども、Infant乳児)の心肺蘇生法+AED、チーム蘇生法を学べる画期的なコースです。加えて、成人・こども、乳児の窒息の解除を学ぶことが可能なコースは、ほかにありません。

*突然の心停止を想定した訓練内容になり、受講に際しては医療資格は必要となりません。

*緊急行動が求められる心肺蘇生(こども・あかちゃん・おとな)や窒息の解除を学ぶコースになります。


PWW:みながら練習

 本コースはDVD教材に沿って進められます。DVDの中に登場するインストラクターの動きに合わせて「見ながら練習」するこPWW(practice while watching)で、正しい技術を身につけます。*一部聞きながら練習もあります。


AHA公式認定証 国際ライセンスカード

G2015BLSプロバイダーカード
G2015BLSプロバイダーカード
G2010 ヘルスケアプロバイダーカード
G2010 ヘルスケアプロバイダーカード

上図左はG2015用に刷新されたプロバイダーカードです。

当会主催のBLSコースでは最新のデザイン2015(上図左のカード)に切り替わっており、提携している日本医療教授システム学会AHA国際トレーニングセンターJSISH-AHA-ITCより発行されます。

世界的に最も効力範囲の広いAHA公認の資格。米国では臨床実習が開始される医師や看護師にとって必須資格となっており、職業ライセンス資格として2年ごとの資格更新も義務づけられています。

日本で働く際には必須の資格とはなっていませんが、各種専門医・認定医を取得するうえでの必須資格となっています。外資系企業・米軍基地で従事する方は必須資格となっているようです。東京オリンピックの影響など国際的な流れを特に感じる最近・・・このような資格取得が必要となる事も求められそうです。

 

 

BLSピンバッジに関して

*BLSピンバッジは、AHA-BLS受講を正式に証明するものではなく、どなたでも購入可能です。(海外サイト)一部ご紹介:コチラで購入可能⇒クリック「WORLDPOINT」Shipping&Handlingが別途かかります。*当会のBLSコースではピンバッジの有無の選択ができます。


G2015暫定版 暫定版コースとは??

ご存知ですか?国内のAHAコースは、ほとんどが暫定版

今はG2010からG2015への移行期です。AHAの規定にありますように、G2010のDVD進行、G2010テキストに沿ってG2015暫定版(Interim)を開催しております。この時期は言い換えれば、G2010とG2015が体験できるハイブリッドな時期また、今後正式なG2015のコースが開催始まった時(開催時期は未定)も無料で見学いただけます。(カード期限内であれば)正式なG2015のコースが開催すれば、G2010のDVDやテキストには触れません。この時期限定の特典であると考えます。

*国内のBLSコースはG2015と銘打っていても、日本語版がリリースされていない現状ほとんどが暫定版G2015と考えます。日本語版リリースの時期は遅れています。

     AHAによる通達:2015Interim-Training-Materials BLS-Lesson-Change

ガイドライン2015暫定版を受講頂けるのに必要とされるmaterials:教材は下記と示されてあります。

1.2011BLS-HCP-StudentManual ⇒現在販売しているテキストになります。

2.BLS-HCP-Student-Comparizon-Chart-for-BLS ⇒日本語訳を準備致します。 

3.optional:心停止アルゴリズムチャート、救命の連鎖 ⇒必須ではない 

4.optional:2015 GuidelinesHighlights 日本語版 ⇒必須ではない 無料☛コチラ

*1は受講者により購入準備、2,3は当会にて準備致します。

 

筆記試験問題・実技試験問題もG2015暫定版を使用していきます。AHAは「2016年2月15日以降は、暫定コースや正規コースも含めてガイドライン2015で進行することを定めてあります。」CPRくるめでは暫定コースをすぐに取り入れ開始しています。*米国では4月中旬以降、正規版コース開催のみとなっています。

 


暫定版コースで使用するテキスト

AHA-BLS講習会場での左写真のテキストの販売は致しません。また受講料金にも含まれていません。CPR-netくるめBLSコースでは左図テキストにガイドライン2015の補助資料を用いての進行となります。

講習会の学びを最大限にするためにも、事前に購入頂き、事前学習いただくことをお勧めいたします。そして講習会はテキストを用いて重要な点は説明致します。

 *AHAの受講規定により、テキストを持参されないと受講いただけません。必ず一人一冊のテキストをご用意ください。

*2015年2月15日に英語版テキストは販売になりましたが、日本語版は2016年8月頃リリース予定。日本語版の正式なコース開催は未定。

 

 

 


開催責任者は看護師;Nurse

AHA-PEARS/BLS/ACLSインストラクター

 臨床現場において内科系、外科系、救急・集中治療で経験がある看護師が開催責任者となりAHA-BLSコースを開催しております。 当会の開催するAHAコースは看護師目線からわかりやすく・丁寧な指導を心がけていますので、様々なシーンで働く看護師・介護職の方々、一般の方(スポーツインストラクター、警備室勤務の方、学校の先生など)でも安心して受講いただいています。

 BLSコースは救急専門ではないか?経験年数が必要?そのような疑問がある方もおられますが、BLS;一次救命処置コースは、医療者、監督する義務にある方々、ヘルスケアに関わる方々などにとって共通認識・標準理解の内容です。医療の現場でしか使用しない器具も一部練習しますが、一般の方でも、簡単に習得できる技術だと、実感されています。本コースに医師の介在は求められていませんし、専門コースでもありません。インストラクターの職種に関わらず、AHAコースの質は世界共通となっていますが、当会の開催するAHAコースは看護師目線も含め、わかりやすく・丁寧な指導を心がけています。

 成人からこども、あかちゃんを監督する義務のある一般の方々から、私のような医療従事者も含めて、外来勤務、病棟勤務、ICU、救急部など、様々なシーンで必要とされる心肺蘇生法から窒息の解除を学べるコースです。重要なのは患者さんを急変;心停止にさせない事が最優先ですが、もしもの時・・・行動が求められます。そのようなコースであると考えます。 

 院内急変する8時間前には予兆がある・・・患者さん、患児が急変する前の異変に気づくAHA-PEARSコースこちらに関しての詳細は☛クリック


BLSコース プログラム概要

所要時間 約5時間程度 受講生の人数により前後致します
 所要時間  内容詳細
30分 BLSコース説明、DVD視聴
35分 成人1人法 CPR
10分 休憩
15分 BVMバックマスク使用、成人2人法について
40分 1人法2人法CPR+AEDについて
10分 休憩
10分 小児胸骨圧迫
60分 乳児CPR 1人法2人法
10分 補助呼吸、人工呼吸、非同期CPR(高度な気道確保されたCPR)
20分 窒息の解除 成人・小児・乳児
10分 休憩
20分 実技試験 成人2人法CPR+AED、乳児2人法CPR
25分 筆記試験 25問中21問正解に合格
10分 修了式

AHA-BLS講習会風景

小教室 BLSコース
小教室 BLSコース
「みんくる」BLSコース風景
「みんくる」BLSコース風景


(c) CPR-netくるめ 2015-2016