最新11月26日 更新・修正中

本ページは,JSISHの方針と照らし,作成しています。一部の説明画像はJSISHの資料を使用

eCard(デジタル修了証)

 当会のAHAコースは,提携する日本医療教授システム学会トレーニングセンターの方針と照らし,順次eCardに移行していく予定です。現在,当会で開催されるAHA-BLS/ACLSコースは紙媒体での発行ですが,eCardでのご対応となります。

 

eCardとは(当会の解釈),

 「webで修了証の参照・印刷が可能」

 百貨店や好きな美容室,ショップのポイントカードは今では,スマホで確認できる時代です。カードレスも進んでいる中,資格証明書のデジタル化は,いまでは珍しいものではないと思われますし,そのメリットが多いこともわかっています。

 紹介動画

AHA動画 YouTube 紹介動画です音量に注意(英語版)。→ココをクリック

eCardのメリット

 自分専用の「eCard」のページが作成され,アクセスすることで,スマホやPCで,参照および,印刷も可能となります。

 紙媒体の場合,紛失したり,汚れたり,折り曲がったりと,その管理に手間があったことでしょう。しかし,その心配はご無用。いつでもどこでも参照・印刷が可能となります。これらのように,昨今ICTの普及で,webで自身のIDや情報を管理する時代。デジタルでAHA修了証を管理していくことになります。以下はメリットとして考えられる内容です。

  • カード紛失の心配がない
  • webでいつでもどこでも確認できる
  • 提出・提示,および印刷も簡単
  • コース主催者と情報共有が可能

===================

eCard取得まで

 eCardの手続きは,AHAコースを受講頂き,筆記試験・実技試験に合格後の手続きとなります。ここでのeCard取得とは,デジタル修了証をAHAのwebページで参照でき,そのページからファイルとしてダウンロードできる(ダウンロードした分を印刷できる)をさします。

 

1)該当AHAコースで合格する

  

2)コース責任者から番号の通知とPDF(修了証)

  • デジタル修了証を確認する番号をメールで受ける
  • 当会はPDFを一緒に通知

 *事務的な作業のため,通知メールに1週間程,お待たせする可能性があります。

 *この番号を使って,web上で修了証を確認できますし,印刷も可能となります。

フルサイズ版

名刺版


*1部のPDFで2つ含まれます*

 

3)発行番号を使ってweb上で確認

確認手順は,以下にお進みください。🔽

 

===================

受講者ステップ

 ここでは,受講者が,eCard(デジタル修了証)をweb上で,確認できるための手順を示します。パソコン,もしくはスマホでも可能ですので準備してください。インターネットが繋がる環境が必須です。 

これらの準備が整ったら,次に

1)AHAの「CPR Verify」にサインインできるために登録する
2)コース責任者から送信された番号を準備する

が必要です。

 

1)CPR Verifyにログインできる

 コース受講後,受講前でもログイン登録は可能です。

 

ここをクリック

クリック後に,サインインできるように必要事項を入力後,登録してください。

メールアドレスなどの登録が必要です。図1にジャンプします。

図1

 

2)webで番号を入力する

 

 サインインできたら,実際にあなたのデジタル修了証を確認します。責任者から発行された番号を入力するwebページにジャンプする必要があります。

 

  ここをクリック 以下の図2ににジャンプします。

 

図2

 

 図2空欄にコース責任者から通知のあった番号を入力後,検索をクリック。以下の写真のような図3にジャンプします。そこでは,ウェブ上で資格が確認できる他,印刷用のPDFデータをダウンロードできます。

 

図3

 

無事にログインできると,

・修了したコースの詳細を確認できる 図4
・コース責任者から届いたPDFを何度もダウンロードできる 図3

 

図4

 ログインできるページをブックマークしておくと,すぐに参照することができます。また,デジタル化になることで以下も可能になってくると考えます。

  • いつでも,どこでも,オンラインで確認できる。
  • 通知されるPDFがいつでもダウンロード可能。

コース責任者から通知されるeCardの”番号”は,忘れないように注意してください。また,ログインにおける登録メールアドレス,パスワードに関しては,ご自身で管理となります。

 当会の方針

  資格のデジタル化は,管理しやすい一方,メールやSNSなど載せてしまうと拡散,公開される可能性もありえます。

 デジタル化に移行し,メリットもある一方,受講者にはわかりにくい,煩雑すぎるなどのご意見等もあると思います。当会で受講いただいた方には,個別にも対応していく所存ですので,ご心配なく,当会主催のAHAコースをお申し込みくださいませ。

 

 なお,名刺サイズの ”パウチ加工サービス” への対応は致しておりません。


©︎CPRくるめ2015-2019