CPRくるめ


<日本医療教授システム学会ITC提携>

<G2015>

アメリカ心臓協会と米国小児学会の合同認定証

PEARS®︎とは?

 BLSやACLSが主に心停止後の対応を学ぶのに対して、PEARS®では心停止に至る危険な徴候を見極め、心臓が停まる前の早期介入を目指す急変対応(心停止予防)研修プログラムといえます。

 医療施設内で起きる心停止の多くは防ぎ得たものであると言われています1).そして一度心停止に陥った人を救命できるのは2割以下(成人の場合)に過ぎません。そこで、病院内の患者安全を考える上で,「BLS教育からでいいのか?」という転換期に差し掛かっていると考えます.

 

1)ACLSプロバイダーマニュアル【AHAガイドライン2010準拠】

 

 PEARS®コース中、映像症例で示されるのは小児(患児)ですが、アセスメント手法は成人患者を含め、すべての患者/傷病者に使える普遍的なテクニックです。特に問診という手法が使えない乳児・小児をベースにトレーニングすることで、より深くフィジカル・アセスメントスキルが鍛えられます。これは会話からは情報が取りにくい高齢者の身体評価にも有用と考えます.

 

【PEARS予告編 動画】

 

 およそ2分間の予告編により,アメリカ心臓協会の最も新しい小児コース, 救急の評価と認識,病態の安定化、PEARSについて簡単に知ることができます。臨床現場で病気の乳児や子供に出会う機会の多いヘルスケアプロバイダーのために用意されたもので, PEARS®︎の目的は,このような小児患者に質の高い治療を行い, よりよい転帰をもたらすことにあります。この手法は,前述したように,成人にも活用できる手法と考えます。

 

クリック➡「PEARS®︎予告編」YouTubeにリンク。音声がでますので、ご注意ください。

*アメリカ心臓協会により2017年4月4日公開

 

「当会の特徴」

 「CPRくるめ」のPEARS®︎コースは,日本でPEARS®︎が普及する何年も前より,そのコース設計に着目され開催されてあったチャイルド・ライフェス横浜,BLS横浜のようにシミュレーションを取り入れ,その団体と協力・監修の元,開催してきました.

 今後もシミュレーションありのPEARSを積極的に開催していく所存です.今では,オプションとなっているため,団体によってはそのシミュレーションはディスカッションだけとしている事もあるようです。当会は、ディスカッションやシミュレーションを活用し学習者との対話と学習者同士の協働を重視しています。アクティブ・ラーニング(主体的な学び、学び合い)の要素と考えるためです. 

 当会は上記を支援していくために,事前学習を推進しています.オリジナル事前eラーニングを設け,事前にPEARSの知識に触れる事で,学習者が少しでも余裕を持ってコースに参加するための方略を提案しています.

→「CPRくるめ」オリジナル事前eラーニングのページ下をクリックください.

*パスワードは受講確定の方のみに送信していますこと、ご了承ください。


Sim-PEARS®︎ 特徴・特典

シミュレーション省略しないPEARS®︎★ 

  1. 学習者との対話、学習者同士の協働を重視
  2. AHAガイドライン2015準拠
  3. シミュレーションあり
  4. 少人数制(最大5名,最小2名.学習者に合わせたインストラクション)
  5. 事前eラーニング(無料)


<2018年公募状況>

AHA-PEARS®︎コース

2018年第6回開催 

【日時】10月20日土曜日10:30-19:00頃

 残席あり

*時間には,余裕を持ってご参加ください

【場所】クルメリア6階「みんくる」セミナー室

   交通アクセス→クリック

【受講料金】22000円

 (テキスト代金・昼食代金は含みません)

<参加条件>

〇当会オリジナル事前eラーニングに意欲的な方

〇小児・乳児1人法・2人法BLSができる

 ”小児経験は不問”

*独自の事前eラーニングを必須とします.

お申し込みは,本ページ下にあります.

<事前学習の意図>

 *当会のAHA-PEARSコースは、シミュレーションを重点的に実践致します.よって事前に、eラーニングページでのタスクをお願いしています.本コースに参加し学習者の相互作用を促すためにも、事前学習をしていただくことで、学習者の「入り口」を揃え、シミュレーションや相互ディスカッションへと繋げることを目的としています.またコースの限られた時間の中でPEARSを最大限に学ぶためでもあります事ご理解の上、お申し込みください.本コースを効率的に補完するための独自に準備した(AHA非公式)eラーニングです.

 当会のホームページでのeラーニングではスマホでもご利用可能.いつでも・どこでも閲覧・実施できます.(*テキストの併用は必要です) 

 

 

eラーニングの分量

 事前学習はおよそ2時間程度(続けて実施して)と考えます.タスクは大きく1回〜6回、小テスト含む:小テスト実施後は、「送信」ボタンを押し、当会のインストラクターからフィードバックのやり取りを実践致します。当会シミュレーションPEARS®︎受講者は事前学習必須としています。コース開催3日前までに終了頂くことをお願いしています.

 学習者ペースの学習が重要です.1日1タスクでも構いません、テキストと併せた学習です.クラス当日に、テキストに記載ある情報を注ぐ事に注力致しません.事前にできる学習としての

eラーニングとなりますことご理解の上、お申し込みください.

 

★事前eラーニング経験者の所感をまとめています。クリック

受講確定者にのみ,パスワードを個別発信しています.


<テキストを準備する>

コース参加に必須

左の最新版のテキストが発売され,当会にも7月15日に到着しました.

 

今では,Amazon等でも購入可能です.

こちらをクリック

当会主催のコースは,左のテキストで開催致します.

10月20日のコースからはこちらに移行します.

 

 このテキストiiページにあるシリアルNoをこちらで→クリックで入力ください.

PEARS学習サイトにジャンプし,PEARS関係の資料PDFのダウンロード及び,最新のDVD動画が視聴できます.

 当会のPEARSコースは10月以降は,この動画を活用した事前eラーニングを準備しますので,ご期待ください.

 


😃インストラクター😄

PEARS/BLS/ACLSコースディレクター

 当会のコースは日本医療教授システム学会国際トレーニングセンター所属

PEARS・BLS・ACLSインストラクター(コースディレクター)が責任持って担当致します.(お手伝い参加はございます.)

 また、インストラクショナル・デザイン(ID)の知見を基にファシリテーションさせて頂いています.少人数制での開催をベースに、BLS,ACLSコースでは当会独自のeラーニングを導入,組み合わせ,学習者主体の学び・学び合いを目指しています.

 

 学習(教材)設計に着目し,医学的知見とそのエビデンス(EBM)に基づき,教授システム学知見に則った最良の教育手法を組み合わせた指導のプロ(AHA-Instructor)として,インストラクションを目指していく所存です.

 

*ファシリテーターブログ*

PEARS®︎関連のブログもありますので、ご確認頂けます。→Seesaaブログです。


★PEARSコースの魅力・効果★

「Pediatric-Emergency-Assessment

Reognition、and-Stabilization」

 BLSやACLSが主に心停止後の対応を学ぶのに対して、PEARSでは心停止に至る危険な徴候を見極め、心臓が停まる前の早期介入を目指す新しいコンセプトの急変対応研修プログラムといえます。特に子どもは心肺停止状態に陥ってしまうと予後が悪いため、呼吸不全、循環不全の前駆兆候に気付き、その重症度を判断して、その場で適切な介入(安定化)をし、専門医に引き継ぐといった素早い対応が、救命の要となります.

 そのための観察とアセスメントの仕方を、第一印象(迅速評価)、一次評価(A-B-C-D-Eアプローチ)に分けて、生命に直結する問題から優先的に観察・対処していく方法を身につけます。

本コースの特徴は、20例近くに及ぶ生命危機状態にある実際のこども・あかちゃんの動画を見て、観察・評価の訓練を行うところにあります.

  患児を観察する着眼点として意識(表情、目線、啼泣など)、呼吸、皮膚色の正常/異常を瞬時に評価する迅速評価(第一印象)。次いでバイタルサインを含めた 体系的アプローチA-B-C-D-E で問題点を探る一次評価アセスメント.それを実際の患者映像を見ながら,観察の訓練を繰り返します.

 また、PEARSでは、様々な傷病者を観察し、バイタルサインから判定・介入を繰り返します.しかし,身体的情報、客観的情報から完全に白黒(判定)するのではなく,考えを整理して,否定する材料を探していくことで、考えを整理する(推論)コースであるのがPEARS®︎の魅力とも云えます.


小児経験は必須ではない

全年齢に使えるテクニック

 PEARSコース中、映像症例で示されるのは小児(患児)ですが、アセスメント手法は成人患者を含め、すべての患者/傷病者に使える普遍的なテクニックです。特に問診という手法が使えない乳児・小児をベースにトレーニングすることで、より深くフィジカル・アセスメントスキルが鍛えられます。

小児に起こりがちな呼吸系トラブル、ショックを中心とした緊急事態がメインテーマですが、傷病者評価の考え方や手法は小児に限らず、成人を含めた看護全般の患者観察に有用です。

「なにかおかしい」という直観的な「気づき」を、どう発展させていくか、という「ベテラン看護師」が経験的に自然と行っている観察・思考パターンを新人ナースに短期間で合理的に身に付けてもらえる内容です。

 また当会でに参加者のほとんどは、小児経験を有さない、一般病棟の方々が多い印象です。

 


シミュレーションを省略しない

実用性を目指すため

 PEARSでのケースシナリオでは実際の患児の映像が流れると、受講生は現場の看護師・医療者の目になる瞬間を感じます。そんなリアルな教材を使って観察するアプローチを練習をする、これまでに経験したことがないリアルな学習体験に、座学でのディスカッションだけでもそれなりに満足感を感じるのがPEARSです。

しかし、この後、2010年版からはオプション扱いになっている「シミュレーション」を行うと、受講者の心持ちは変わります。映像をみて練習して、なんとなくできる気になっていた観察手法がマネキンの前に立ち、チームメンバーと向き合った時に、動きが止まってしまうのです。学習者のシーンで実用性のあるものにするために必要と考えるシミュレーション。

日本にPEARSコースを展開してきた、看護師のPALSファカルティの方々はシミュレーションありのPEARSを推奨してきました看護師目線から考えて、新人からベテランの方まで、この観察手法を使えるための方策としてのシミュレーションと考えます。

 BLS/ACLSでは緊急事態では、チームメンバーは共通認識があるという前提条件の中で、戦略を立てチーム蘇生が開始となっています。身体が動かないといけませんので、シミュレーションをしっかり実施していきます。BLSが必要と判断すれば、積極的に動けるのですが、反応があったり、呼吸があれば、そこでチームがフリーズすることもよく見かけます。

 

  臨床現場で、すぐにでも効力を発揮できるのがAHA-講習会プログラムの中でも特にPEARS®︎コース.

患者さんを観察する着眼点を知るのが第一歩ですが、知るだけでは使えない.そのことに気づくだけでも、シミュレーションの効果は絶大です.OFF-THE-JOBトレーニングを通して、チームメンバーとの連携の仕方と報告を体得するというさらなる学習体験が必要です.

最終段階として実臨床で使ってみる.そうして、「知る」と「できる」の間の溝を埋めていく必要があります。特に実臨床の前に、患者さんに不利益のないシミュレーション学習で経験値を上げておくことは大きな意味があると考えます.


<当会PEARS®︎概要>

コース名

AHA-PEARS®︎withシミュレーション概要

コース

内容

・体系的な評価・アセスメント手順。第一印象から一次評価の方法。

・呼吸問題の評価と判定、介入

(上気道閉塞、下気道閉塞、肺組織病変、呼吸調節機能障害)

 *呼吸ケース(ディスカッション)。
・循環:ショックの評価と判定、介入(循環血液量減少、血液分布異常)

 *ショックケース(ディスカッション)
・呼吸停止、徐脈への対応.補助換気、BVM換気.
・心停止対応(小児BLS+AED、乳児BLS)チーム蘇生の概念。

(NP、Rapid Response Teamの2症例 効果的なチーム力学)

・総合練習は全てシミュレーション

*状況に応じて、ディスカッション・シミュレーションを組み合わせます。

試験

・小児の一人法CPRならびにAED操作スキルチェック。

・乳児の一人法ならびに二人法CPR。
・ビデオベースのPEARS筆記試験。30問中26問以上で合格 4者択一式。

受講対象

受講条件

AHA-BLSコース相当の小児のCPR/AED、乳児のCPRができる(証明書不要)

・事前eラーニングを実践(必須)

*事前学習を実践,望まれない方は,他団体様を検討ください.

コースに

必要な物

・PEARSプロバイダーマニュアル*日本語版、英語版は問いません
・筆記用具、ボールペン

 *昼食は必ず持参ください。

コース

時間

・およそ8時間30分程度。

*当日は時間に余裕を持ってご参加ください。受講生の人数により前後致します。

特典

事前eラーニング(簡単な事前学習とタスクです。)

場所

・開催場所はこちらをクリック


アメリカ心臓協会と米国小児学会

合同ライセンス


*カードは当日発行ではなく、実技試験・筆記試験内容をJSISH本部に郵送後に発行されますので、3週間程度お待たせいたします事ご了承ください。


<お申し込みフォーム>

個人情報管理について

 

CPRくるめ では、個人を特定できる情報の保護に対する社会的な要請の高まりを受け、これらの適切な管理が当会において重要な責務であると認識し、下記1から4項目を遵守いたします。

 

 

1.個人情報の管理
連絡頂いた受講者のお名前、ご住所、ご連絡先の電話番号、メールアドレスなどの個人に関する情報(以下「個人情報」)は、不正なアクセスや紛失、改ざん、漏洩がないように適切に管理させて頂きます。 

2.収集目的と範囲
個人情報を収集させていただく場合は、収集目的を通知したうえで、必要な範囲の個人情報を収集させていただきます。 

プロバイダーカード発行に際しての個人名の登録や個人情報をデータ化し、認定証発行元である提携先の日本医療教授システム学会AHA国際トレーニングセンター(JSISH-AHA-ITC)に郵送やmailによる送信をすることがありますが、個人情報の漏洩・紛失には厳重に注意し管理致します。

 

3.第三者への開示
法令に基づき開示が義務づけられる等の特別な事情がない限り、事前のご承諾なく、個人情報を第三者に開示、提供することはありません。 

4.法令、規範の遵守と見直し
当会は、個人情報に関して適用される法令、規範を遵守するとともに、お客様の個人情報の保護をさらに徹底するため、上記各項における取組みを必要に応じて見直し改善します。

 

当会の各種申込み、お問い合わせフォームに記入される方,は上記内容に 同意頂いたものとします。

 

               CPRくるめ 事務局 


---ご注意ください---

携帯メールは原則不可*

 携帯番号や、〇〇.ne.jp などのショートメールは、こちらからの重要メールが長文になると、届いていない事が発生しているためです.

 

よってパソコンmail(gmail、yahoo、BBIQ、biglobe、hotmailなど)もしくは携帯mailであれば、「i.softbank.jp」などのEメールにて、お願い申し上げます。

 

*特に事前学習のあるコース(ACLS1日コース,PEARSコース)では、インストラクターとのメールのやり取りがあります.職場でないと確認できないようなアドレスではなく,すぐに確認できるアドレスをお願い致します.

 

<ローマ字表記に関し> 

*AHAカードに記載するお名前についてヘボン式ローマ字表記で印字されます

詳細は☛ココクリック 

*受講お申し込み時のローマ字表記がそのまま印字されますのでご注意ください。

 

例)ゆうか 優香⇒Yuuka× ➡Yukaとなります。

  こうだい 航大⇒Koudai× ➡Kodai

  おおおか 大岡⇒OOOKA× ➡OOKA  

 

 

カード発行後の修正,再発行は所定の手数料が必要です.

下のフォーラムそのまま入力致しますので,ご留意のうえご入力ください.


【入力フォーラム】

メモ: * は入力必須項目です

送信ボタンを押してください。ご入力頂いたアドレスに確認メールを差し上げます。届かない場合は、メールアドレス記入ミスや迷惑フォルダに入っている可能性もありますのでご確認ください。お申し込みだけでは受講確定とはなりません。予約の受け付けとなります。入金後の受講確定とさせて頂くことご了承ください。


受講者アンケート

・机上の学習がシミュレーションで活かせるのが良いです。

・みんなでディスカッションしながらできるので、自信がないところは情報の共有ができ、楽しくコースを受講できた。

・シミュレーション・ディスカッションベースで興味深い内容でした。

・シミュレーションとディスカッションを用いるため、頭で整理しながら行動の確認もできる。 


©2015-2018.CPRくるめ